「2017年11月度 くらわんかカラオケ同好会」

 

第141回(11/4)、第142回(11/20)

 枚方南・北支部共催の「くらわんかカラオケ同好会」は、2011年4月に発足し7年半経過しました。月2回の開催ですが、HPは2回まとめて月1回報告とさせて頂きます。11月4日(土)は14名、20日(月)も14名、計28名のカラオケファンが参集され楽しいひとときを過ごしました。
 当日の歌唱順に皆様の熱唱写真を紹介します。絶えず新曲にチャレンジする方、懐メロ中心の方、「女」とか「秋」とかテーマを決める方、毎回オリジナル歌手を一人に絞る方等おられ、皆様の個性・好みが分かります。
 新入会ご希望の方は、ここをクリックして下さい。ご見学は自由(連絡不要)ですので、何時でも気軽に覗いて、自由に唄ってみて下さい。
<取材:北川、吉川、HP作成:吉川>

金箱 勝之(南)

北川 陸人さん(南)

吉川 亨さん(南)
1、黄昏~たそがれ~(山川 豊)
2、潮騒(山川 豊)
3、赤いピアス(小金沢昇司)
4、南部のふるさと(福田こうへい)
1、あゝ奥入瀬に雪が舞う(木原たけし)
2、雪の華(真木ことみ)
3、忍び川(西方裕之)
4、伊良湖水道(野村美菜)
1、函館の女(北島三郎)
2、ブンガチャ節(北島三郎)
3、風雪流れ旅(北島三郎)
4、その名はこゆき(北島三郎)

一円 春己さん(南)

林 勝治さん(北)

野口 始さん(南)
1、アカシアの街で(北山たけし)
2、帯屋町ブルース(水雲/MIZMO)
3、あなたとわたしの夫婦舟(秋山涼子)
4、大阪ひとり酒(男石宣隆)
1、女の酒って…何だろうネ(清水節子)
2、おとこ傘(福田こうへい)
3、大阪恋みれん(山本和恵)
4、夫婦物語(大川栄策)
1、恋愛探し(五条哲也)
2、願・一条戻り橋(小金沢昇司)
3、京都のとんぼ(坂井一郎)
4、恋の川(男石宣隆)

武田 正規さん(北)

津井 洋治さん(南)

佐藤 敏夫さん(南)
1、夜霧の再会橋(大川栄策)
2、淀川ぶるーす(谷 龍介)
3、忘れ雨(出光仁美)
4、霧の土讃線(水田竜子)
1、檜舞台(大江 裕)
2、盛り場たずねびと(浜 博也)
3、北海無法松(細川たかし)
4、柿の木坂の家(青木光一)
1、旅人よ(加山雄三)
2、襟裳岬(森 進一)
3、この街で(ブラザーズ5)
4、千の風のなって(新井 満)

角田 勝義さん(南)

中村 俊夫さん(南)

岡本 俊治さん(南)
1、奥飛騨慕情(竜 鉄也)
2、男の背中(増井山太志郎)
3、居酒屋(五木ひろし&木の実ナナ)
4、夕陽燦燦(五木ひろし)
1、東京陽炎(岩出和也)
2、済州エアポート(半田浩二)
3、千鳥の舞(鏡 五郎)
4、グッバイ・ホノルル(大橋節夫 Jr.)
1、秋止符(アリス)
2、色づく街(南 沙織)
3、秋冬(高田みずえ)
4、三都物語(谷村新司)

永野 光明さん(北)

原  求さん(南)

冨田 朝己さん(南)
1、道ひとすじ(福田こうへい)
2、ひとり舟(ジェロ)
3、樹(き)(蒼 彦太)
4、津軽慕情(山本謙二)
1、黒田節(島津亜矢)
2、みちづれ(牧村三枝子)
3、夜霧のブルース(ディック・ミネ)
4、夜霧の第二国道(フランク・永井)
1、落葉しぐれ(三浦洸一)
2、女ひとり(デューク・エイセス)
3、江差・追分・風の街(大川栄策)
4、ふれあい(中村雅俊)

中野  外志彦さん(南)

永井 和人さん(南)

米田 育平さん(南)とママ
1、九頭竜川(五木ひろし)
2、鴎の海峡(杜 このみ)
3、みだれ髪(美空ひばり)
4、竜の海(エドアルド)
1、若い広場(桑田佳祐)
2、街の灯り(堺 正章)
3、奇跡~大きな愛のように~
     (さだまさし)
4、TSUNAMI(桑田佳祐)
1、霧にむせぶ夜(黒木 憲)
2、想い出はアカシア(石原裕次郎)
3、赤いハンカチ(石原裕次郎)
4、兄妹の星(西郷輝彦&水沢明美)

近堂 博之さん(南)

峻  亘さん(南)

諸谷 正見さん(南)
1、恋の坂道(逢川まさき)
2、伊良湖水道(野村美菜)
3、愛の欠片(松阪ゆうき)
4、アカシアの街で(北山たけし)
1、冬隣(ちあきなおみ)
2、血液ガッタガタ(ピンクの電話)
3、十年経てば(木島ユタカ)
4、たくさんのしあわせ(さだまさし)
1、愛はかげろう(雅夢)
2、黒い瞳のナタリー
  (フリオ・イオグレシアス)
3、あいたい(林部智史)
4、三つで五百円(西城ロック)

清水 次雄さん(南)

迫村 和寛さん(南)

西澤 正俊さん(北)
1、くぬぎ(すぎもとまさと)
2、ふるさとの酒(小田純平)
3、三年待ち屋(小田純平)
4、冬のひまわり(チェウニ)
1、酒よ(吉 幾三)
2、高原列車は行く(岡本敦郎)
1、男の背中(増井山太四郎)
2、酒みれん(増井山太四郎)

  « Back