パナソニック松愛会枚方南支部行事報告

65歳節目懇談会

2014年6月13日(金)
 2014年に65歳の節目を迎えられる会員及び、昨年に迎えられて参加できなかった会員を対象に、6月13日(金)松心会館で枚方南支部として第4回目の『65歳節目懇談会』を実施しました。対象者は114名で、地区委員該当者を含め12名(出席率10%強)の方に、ご出席頂きました。

 冒頭、樫本新支部長の挨拶のあと、今年の65歳対象会員でもある、尺八奏者の坂本正悦様から、お話を含めてワンマンショーをして頂きました。最初は定番の「春の海」で参加者の心を捉え、「竹田の子守唄」奥様も大ファンであるテレサテンさんの「川の流れのように」(注)他を演奏されました。スマホから琴などの演奏をスピーカー出力して、尺八演奏に合わせる工夫をされていました。

お話は、尺八奏者でしたお父様の影響を受けて、おもちゃ代わりに尺八と接していたこと。邦楽部なら女性との出会いも多いのではとの不純な動機など、笑いを誘うユニークなおしゃべりで尺八演奏への思いや体験談を話されました。

次に地区委員より自己紹介と各自の役割や松愛会活動についてのPRをさせて頂きました。

最後に参加者の方から、現状のお話や松愛会活動への参加内容等をお話いただきました。料理教室に申し込んだが定員オーバーで断られた事も話されていました。

その後、樫本支部長より松愛会枚方南支部の活動内容を紹介頂き、引続き会食を交えながら懇談を実施しました。
出席された皆様からは 「今日来て、松愛会の活動が理解でき、新しい出会いがあったりして短い時間であったが 大変楽しく過ごせた、また今後は同窓会結成も考えたいし行事に参加していきたい」等の感想が出ていました。『65歳節目懇談会』開催の当初の目的の「今日は楽しんで十分に懇談、懇親をしてほしい、以後は松愛会行事に参加してほしい」が果たせた気がしました。 残念なのは昨年の欠席会員を対象にした結果、参加率が大きく下がってしまった事です。開催曜日の設定を考えるべきだったと反省しています。

今後もひとつの節目であります『65歳節目懇談会』を続けてまいりますので、ご支援、ご協力のほど宜しくお願いします。

「川の流れのように」(かわのながれのように)は1989年1月11日に発売された、 日本の歌手、「美空ひばり」さんの生前最後に発表されたシングル作品である。 (Wikipedia)より引用

写真 写真 写真 写真
樫本支部長あいさつ 参加者12名と会場風景 坂本正悦会員からトーク 尺八演奏に拍手
〈上の写真4枚はクリックすると、大きくなります〉
参加いただいた皆様
写真 写真 写真 写真
藤井会員(2班) 坂本会員(2班) 伊田会員(6班) 野口会員(10班)
写真 写真 写真 写真
奥嶋会員(12班) 佐藤会員(12班) 水上会員(13班) 杉永会員(13班)
写真 写真 写真 写真
増木会員(13班) 安武会員(14班) 塩路会員(14班) 支部長と参加者(拡大あり)

報告・写真・HP作成:永井和人  

Back