パナソニック松愛会枚方南支部行事報告



  2012年度社会見学会
「都をどり」パンフレット

 今年の当支部の社会見学会は、京都・祇園甲部歌舞練場にて99名の参加者で、 『都をどり』の観覧を実施いたしました。
当日4月18日(水)は桜シーズンの終盤ながら、絶好の行楽日和に恵まれ、ご夫婦での参加も35組と多くなりました。

12時半からの公演ですが、1時間も前から来場され、若かりし頃に父親と来た会場を、懐まれている会員さんもおられました。
当支部の会員さんは一等観覧指定席で、2階の椅子席と左右の桟敷席に分かれて着席しました。

「ヨーイヤァサー」の掛け声と共に幕が開き、公演がスタート。
今年の演目は、平家物語にスポットを当てた「平清盛由縁名所」(たいらのきよもりゆかりのなどころ)です。
全八景で、春から夏・秋・冬そしてまた春へと、四季の移り変わりを舞台上で第一景は、まさに春の到来を華やかに告げる古都の風物詩で、左右の鐘、太鼓、掛け声、謡いがあり、見栄えのするものでした。

LEDの蛍、雪、月、幕の波等の演出や、若手からベテランまでの芸舞妓の踊りに感嘆しつつ、場景が進み、いよいよ最後の八景では、総勢約60名の芸舞妓総出の豪華で圧巻のフィナーレの踊りで、約1時間の公演が終了しました。

古都に春を呼ぶ『都をどり』。
その格調高い豪華絢爛の舞台は140年の長い間、多くの人を魅了してきた素晴らしいものでした。

終了後は現地解散となりましたが、そのあとはご夫婦で近くの祇園の料亭へ行かれたり、名残の桜を楽しんで散策されたりして、それぞれ無事に帰路につかれました。

レポータ:樫本昌三  写真:鬼頭、吉川、日垣、中村


<以下の写真は、クリックすると大きくなります>
花見小路通りの看板 通りのお茶屋 祇園甲部歌舞練場入口
花見小路通りの大きな看板です 通りのお茶屋も「都をどり」一色 会場の祇園甲部歌舞練場入口
当支部の案内 会員さん 集合場所・歌舞練場前
当支部の案内です 会員さんも楽しみにして来ました 集合は歌舞練場前です
会場横の桜 歌舞練場・舞台 歌舞練場・2階桟敷席
会場横の桜が綺麗でした 歌舞練場 舞台 歌舞練場 2階桟敷席
     

Back