枚方南支部行事報告

startline

春のレクレーション   2008年6月5日
「近江八幡水郷めぐり」と「彦根城散策」

水郷めぐり 2008年度の春のレクレーションは、「近江八幡水郷めぐり」と「彦根城散策」というコースで、54名が参加し6月5日(木)に行われた。
4月に「社会見学会」ということで、歌舞伎鑑賞教室(南座)が行われたので、5月の支部総会後に変更されていたものである。
彦根城
水郷めぐり 国宝彦根城
「水郷めぐり」は2002年にも行われ、屋形船内での弁当と酒に人気があり、今回は
「近江牛すき焼」(弁当ではなく船内で炊く)にグレードアップされた。
8人乗船、4人1組で鍋を囲み、和やかに会食できたが、鍋奉行と調理人で意見が分かれ(水は入れるなとか)少しもめたグループもあったらしい。
車中でビール2缶、船中でビール2缶、今日は飲みすぎか?
屋形船内
屋形船内
話を戻そう。ラポール枚方前を貸切バスで8:30出発、名神竜王から近江八幡へ、
日牟禮八幡宮 最初の見学地「日牟禮ヴィレッジ」へ入った。
日牟禮八幡宮、八幡山が有名であるが、最近は近江の和菓子の老舗「たねや」を訪ねる人が多いかも知れない。
八幡山へのケーブルは時間的に無理であったので、
私は「たねや」の洋菓子館でコーヒとバウムクーヘンで
30分歓談した。
たねや
日牟禮八幡宮山門
 
和菓子屋「たねや」
「たねや」洋菓子館 八幡堀 八幡堀 白雲館
「たねや」洋菓子館 八幡堀 白雲館

近江八幡水郷めぐり 昼前に8艘の屋形船に分かれて乗船。当方の船頭さんは65才、定年退職後訓練を受けてこの道に入ったそうだ。最高齢の方は80才近いそうだ。
両岸を葦で覆われ、陸路からは見えにくい水路、約4キロ、90分の旅の始まりだ。
船会社は4~5社あるようだが、各々異なる水路で、我々のコースは手漕ぎ(エンジン船の会社もある)の周遊コースで人気らしい。
カラオケの普及で1億総歌手、バスガイドだけでなく船頭さんも、童謡「ふるさと」を3コーラス唄ってくれた。丁寧な案内であったが、鍋仕事もあり、あまりゆっくりとは聞けなかった。食事なしコースと同じ説明かも知れない。
近江八幡水郷めぐり
近江八幡水郷めぐり 近江八幡水郷めぐり
   

食後は湖岸道路を彦根城へ、昨年の開城400年祭に加えて、今年は井伊直弼大老就任150年祭と商魂たくましい。
建設時の天守が残る国宝四城のひとつ、最上階まではかなり急な階段(はしごに近い)、3階建だが小高い山にあり、市内はよく展望できた。
白壁に黒格子、切妻屋根の町屋風建物が並ぶ「夢京橋キャッスルロード」を散策後帰路に着いた。車中でまたビールを1缶賞味した。
彦根城京橋
彦根城京橋
彦根城天秤櫓 彦根城天守閣 井伊直弼大老就任150年祭 夢京橋キャッスルロード
彦根城天秤櫓 彦根城天守閣 井伊直弼大老就任150年祭 夢京橋キャッスルロード
(レポータ:吉川、写真:梅原、鬼頭、金箱)
写真集
バス1台で出発 日牟禮八幡宮前に到着 日牟禮八幡宮境内に入る 日牟禮八幡宮本殿
バス1台で出発 日牟禮八幡宮前に到着 日牟禮八幡宮境内に入る 日牟禮八幡宮本殿
日牟禮八幡宮本殿で参拝 和菓子屋「たねや」前 和菓子屋「たねや」でお買い物 「たねや」洋菓子館
日牟禮八幡宮本殿で参拝 和菓子屋「たねや」前 和菓子屋「たねや」でお買い物 「たねや」洋菓子館
「たねや」洋菓子館でお買い物 八幡堀説明板 八幡堀を散策 八幡堀
「たねや」洋菓子館でお買い物 八幡堀説明板 八幡堀を散策 八幡堀
屋形船に乗船 屋形船で近江牛すき焼 屋形船で近江牛すき焼 手漕ぎの屋形船
屋形船に乗船 屋形船で近江牛すき焼 屋形船で近江牛すき焼 手漕ぎの屋形船
彦根城の内堀 琵琶湖八景石碑 表門橋を渡る 表門 彦根城入り口
彦根城の内堀 琵琶湖八景石碑 表門橋を渡る 表門 彦根城入り口
表坂を登る 天秤櫓に至る石段 天秤櫓前の陸橋 太鼓門櫓
表坂を登る 天秤櫓に至る石段 天秤櫓前の陸橋 太鼓門櫓
国宝彦根城天守閣 天守閣階上で景色をみる 天守閣からの眺め ひこにゃん
国宝彦根城天守閣 天守閣階上で景色をみる 天守閣からの眺め ひこにゃん

endline« Back